この人:津軽鉄道七不思議カレンダー版画制作、藤田健次さん /青森

2008年10月20日

この人:津軽鉄道七不思議カレンダー版画制作、藤田健次さん /青森

この人:津軽鉄道七不思議カレンダー版画制作している藤田健次さん /青森は、輝いていると思う。 何でもそうだけれど、好きなことを生き生きとやっている人というのは 素晴らしいと思う。 そういう意味で藤田さんには、あこがれてします。 なぜか日々の鎖に縛られて、こうはうまくいかないのが通常である。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081019-00000012-mailo-l02
10月19日11時0分配信毎日新聞◇子供の記憶、呼び起こす−−藤田健次さん(68)1日から「津軽鉄道」(五所川原市大町)が発売している「津軽鉄道七不思議カレンダー」の版画を発案、制作した。津軽鉄道の季節ごとのイベント列車を七不思議として版画で紹介。「庭先でもないのに風鈴涼を呼ぶ―風鈴列車」など、ユーモアあふれる文句と可愛らしい挿絵が好評で、全国から注文がある。鶴田町出身で、五所川原高校時代は同級生の多くが津軽鉄道を使っていた。「列車が徐行し、用を足す生徒のことを待っていた」など、本当かどうかは怪しいが面白い鉄道話でいつも盛り上がっていた。当時の思い出が「七不思議」の発想につながった。高校卒業後は約半年、新聞記者をし、その後、公共職業安定所に勤務。70年、知り合いが取り組んでいた創作民話の出版を手伝い、印刷代を浮かせるために版画で挿絵と文字を制作した。この時、幼いころからの「芸術家魂」に火が付いた。「版画は100枚刷ったらすべてが自分のオリジナル。魔法みたいでわくわくした」という。しかし、看護師だった妻陸子さん(68)は、過労で倒れるほどの激務。共働きのため、家事や娘2人の子育てに追われ、版画制作を続けるのは並大抵ではなかった。忙しくなるほど、版画が「ストレス発散の唯一の方法」と思うようになった。帰宅して家事をこなし、子供を寝かせて版画を彫る生活が続いた。このころの私生活をモデルに77年に書いたノンフィクション「看護婦のオヤジがんばる」は、80年に映画化されて反響を呼んだ。子育てが一段落し、版画に打ち込めると思ったのもつかの間。バブル崩壊で失業者が激増し、職業安定所の仕事は多忙になった。「失業者が大勢いるのに、趣味の版画をしていていいのか」。版画作りはいったん、中断した。「定年後は思いっきり版画をやろう」。心に決めてからは小遣いをため、1枚数千円の版画の板を買いためた。早く版画を彫りたくて、いつももやもやしていた。板が40枚ほどになった時、待ちきれなくなり、定年まで1年を残して退職。念願の版画漬け生活をスタートさせた。年に数十作品を作って多くの賞をもらい、本の挿絵なども手がけた。「大人には、心のどこかに子供のころの記憶がある。それに出会える作品を作りたい」。創作に燃える第2の人生を満喫している。カレンダーの問い合わせは津軽鉄道(0173・34・2148)へ。
[引用元:Yahoo[青森(毎日新聞)]] フェラガモジャパン株式会社の靴 ヒルトン小田原リゾート&スパのブッフェ マグネットポンプの用途 タミフルの異常行動の予防 デザインキューブの感想
posted by daiko at 23:06 | TrackBack(2) | 日記
この記事へのトラックバック

教えてくれたYさんありがとう(笑)
Excerpt: 教えてくれたサイトに暇つぶし程度でいってみたら、マジで報酬もらってやれたよwww 顔謝が好きらしくて三回ぶっかけてうるおいマスクみたいなってたしwww 今度のオフ会でお礼します^^
Weblog: 今日は匿名Kで^^;
Tracked: 2008-10-22 16:11

試写室にてwww
Excerpt: お互い家でするのは嫌だし、ホテルってベタだし・・・試写室でヤってきたww スリルあるし密室感あるし普通よりスンゲー興奮したwwwwww 女もスゲエ濡れ濡れで何回もイってたしw おかげで10マソも貰えた..
Weblog: 暴走
Tracked: 2008-10-24 22:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。